依頼の100%が知り合い!とある副業コーダーの副業事情はこんな感じ

依頼の100%が知り合い!とある副業コーダーの副業事情はこんな感じ

どうもKAERU(@kaeru_syachiku)です。

普段はWEBマーケティングの会社で働きながら、副業でコーダー(フロントエンジニア)のお仕事なんかを細々とやっております。

今回は、私の副業事情を

・同じようにコーディングを副業にしている
・今後、コーディングを副業にしたい
・別業種で副業してるけど他業種はどんな感じ?

この様な方の参考になればと思い記事にしました。

Advertisement

KAERUのコーダー(フロントエンジニア)としての実力的なやつ

HTML5、CSS3は普通に書きます。

あと、Sassとかも使います。

Javascriptは、jQueryは簡単なスクリプトであれば、自分で書きますが、基本的にプラグインを利用(カスタマイズ)します。

あと、PHPもちょろっと書けます。

最近では、もっぱらWordPress(ワードプレス)の案件が多くて、WordPressのカスタマイズとは、割と得意かもです。

余程、大規模なシステム案件とかでなければ、デザインを貰ったら、サイトの構築は大体一人で出来る感じです。

簡単なデザインであれば、自分でおこなう事もあります。

コーダー・フロントエンジニアについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

ホームページを作る人!?コーダー・フロントエンドエンジニアと言う職業をわかりやすく解説

副業でいくらぐらい稼いでるの?

やはり、一番気になるお金事情

世の中に『サラリーマンのままで副業1000万円』なんて景気の良い方もいますが、

サラリーマンのままで副業1000万円 マジメ系クズでもできる消耗しないで稼ぐ極意 [ 栗林篤 ]

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/19 01:05:24時点 楽天市場調べ-詳細)

私の場合は0ひとつ少ない、年間で言うと100万円いくかいかないくらいですかね。

月に換算すると、7万~8万円くらい。

ただし、2ヵ月くらい依頼がなくて、15万円~25万円程度の案件が飛び込んできたり、

3万円くらいの案件を月に2回こなしたり、ペースは月によってバラバラです。

見積もり時の価格設定は、時給1,500円~3,000円くらいなる様に設定しています。

どうやってコーディングの仕事をもらってるの?

ぶっちゃけ、全部、『知り合い』or 『知り合い経由』の依頼です。

新規開拓とかも、特におこなっていないので、今の繋がりがなくなれば副業は廃業です。

『副業での仕事の取り方』をこの記事に期待していた方はごめんなさい。

ちなみに、内訳はこんな感じ

・前職の制作会社
・フリーランスのデザイナーさん
・知人や友人の紹介案件

昔に数回だけ、クラウドソーシングのサービスを利用した事があったのですが、おもに以下の理由から辞めました。

コーディングの副業ではクラウドソーシングが難しい理由

・日中に連絡が取れない
・案件探しが大変
・単価が安い

日中に連絡が取れない

副業なので当然、平日の昼間は普通に仕事をしています。

そうなると、ほぼほぼ日中は連絡を取る事できません。

同じスキル・同じ単価の人がいたとして

・一人はレスポンスが速い
・もう一人は夜しか連絡が取れない。

あなたなら、どちらにお仕事を依頼しますか?

ええ、そういう事です。

案件探しが大変

『自分の実力』『納期』『単価』などを考慮して案件を探し出すと、意外と案件が絞られて、自分の出来る案件を探すだけでかなりの時間を要します。

ようやく見つけた案件でも、必ず受注できるとは限らないので、本当に大変。

単価が安い

ある程度、実績や評価を得られる様になるのであれば高単価の案件も受注できるでしょうが、そこに至るまではこの手のサービスでの高単価案件は難しいと思います。

あとは、クラウドソーシングサービスが出始めて、若干価格破壊が起こっている感がいなめません。

『そんな料金で、本当に良いの!?』

なんて方がたくさんいて、まず価格競争では勝てません。

知り合いからの依頼のメリット

知り合いや、知り合い経由の依頼であれば、クラウドソーシングと違い先ほど上げた理由

日中に連絡が取れない

当然、先方はこちらが日中働いているのを理解していますので、日中に連絡が取れなくても問題ありません。

案件探しが大変

直接依頼が来るので、そもそも案件を探す必要がありません。

依頼側も実力を理解した上で依頼してくるので、ミスマッチが起こる心配もなし。

単価が安い

こちらも、依頼側がすでに価格帯を理解した上での依頼になるので、無茶な単価での心配はありません。

副業で注意している事

・副業だから
・日中は本業があるから

というのは、あくまでこちらの都合です。

まして、私の場合は、知り合いを通しての依頼のみなので一番需要なのは信頼関係。

仕事をする上で当たり前の事ですが、下記の3点は絶対に守るようにしています。

納期は絶対守る

これは当然ですよね?

ただ本業とは違い、限られた時間でおこなう副業ですので、

・副業にさける時間
・自分の作業スピード

など自分の事・実力をしっかり理解する事が大切

たまに『睡眠時間を削って、無茶な納期で仕事を受ける人』を見かけますが

私には無理です。間違いなく本業にも副業にも支障がでます。

本業と副業をうまく両立させるには、納期の間に合わなさそうな仕事は受けない。

時には断る勇気も大切だと思います。

報酬はしっかり貰う

副業とは言え趣味ではないです。

無料やあきらかに安過ぎる単価では絶対に受けないようにしています。

一度、安い単価で受けると、単価アップはなかなか難しく、長い目で見たら必ず自分の首を絞めます。

無料だなんてもってのほか、無料だから頼んでくるだけであって、次回以降のお金を払っての依頼なんてまずないですよ。

連絡は可能な限り迅速に

昼間に本業をしているとただでさえレスポンスが悪いので、可能な限り連絡は迅速に行います。

・朝の通勤時
・昼休みの間
・仕事終わりすぐ

本業の合間の使える時間はフルに使います。

『今、仕事終わりました。詳細は、確認して明日中には連絡します。』

内容的にすぐに返事が出来ない場合でも上記の様な形で必ず、その日の間に連絡は返すようにしてます。

メールの内容を確認したか、してないかを伝えるだけで、相手の印象は全然違います

あとがき

副業は人によって考え方や働き方は様々ですので、これが絶対に正解!

なんていうのはないと思います。

あくまで、私の場合の一例と捉えて頂き、参考になる部分は参考にして頂ければと思います。

サラリーマンのままで副業1000万円 マジメ系クズでもできる消耗しないで稼ぐ極意 [ 栗林篤 ]

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/19 01:05:24時点 楽天市場調べ-詳細)